Informationお知らせ

世界で類を見ない再エネ洋上水素製造・供給インフラ整備の検討開始

商船三井テクノトレード株式会社
大陽日酸株式会社
株式会社神鋼環境ソリューション
日本シップヤード株式会社
(順不同)

商船三井テクノトレード株式会社、大陽日酸株式会社、株式会社神鋼環境ソリューション、   日本シップヤード株式会社の4社は、国土交通省が推進するカーボンニュートラルポート(CNP)の形成との連携を念頭に、再生可能エネルギー等を活用した洋上水素製造と水素燃料船等への水素供給を兼ねた船舶の導入と拠点形成の検討(シエラ プロジェクト*)を共同で行う旨の基本合意書を締結しました。2021年4月より本格的検討を行っていきます。

 

2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする政府の「脱炭素」政策が打ち出される中、代替燃料の利活用の必要性が高まってきていますが、船舶には大量の燃料が必要であり、消費するエネルギー量に応じて対策が異なってくることが予想されます。国内で海上輸送に従事している内航船は航行距離が比較的短く、水素の利活用に適していますので、今回の取り組みにおいても内航船への水素供給を主なターゲットにしています。

大きさも停泊場所も一定でない船舶向けの燃料は、燃料供給船によって届けられるのが一般的です。ユーザー目線に立った供給インフラである船舶による水素燃料供給体制の整備は海運業界における脱炭素化の基盤形成の重要な要素の一つであり、水素等への燃料転換を促進するものと考えています。

また、今回の水素供給インフラは船舶向けの利用だけに留まらず、海洋施設の建設等での活用や、自然災害等による陸上からのエネルギー供給網の途絶に対応する自治体のBCP対策としての利用も視野に入れています。

一方、洋上での再生エネルギーによる水素製造ならびに供給方法にはさらなる技術革新やその方法論を十分検討していく必要があり、非常にチャレンジングな取り組みとなりますが、東京大学先端科学技術研究センターと一般財団法人日本海事協会の協力を得ながら解決策を検討していきます。

なお、今後プロジェクトを進めていく中で協力企業・団体等の参加の可能性もあります。

*シエラ プロジェクト:太古から数々の地球の生命体を生み出し、育ててきた海には、無限の可能性があります。私たちは海を基盤とし、様々なエネルギー問題を解決するとともにさらなる海の活用を追求し新たな時代を切り開くという意味を込め、【SeaEra海の時代】(シエラ)と名付けました。

 

【プロジェクト参画会社】

社名 本社 代表者 事業内容
商船三井テクノトレード
株式会社
東京都中央区京橋1-1-1
八重洲ダイビル6F (注) 
代表取締役社長
八田 宏和
・ 船舶用燃料油・潤滑油、各種機器・資材、省エネデバイス等の
    販売、エンジニアリングサービス
・ 環境・安全分野の新規商材(Sox規制対応油、AR航行支援
    システム等)の販売・開発
大陽日酸株式会社 東京都品川区小山1-3-26 代表取締役社長
永田 研二
・各種産業ガスの製造及び販売
・産業ガス関連機器・機材・システム類の製造及び販売
・空気分離装置の製造及び販売
・産業ガス関連工事、設備の設計・施工・請負
・医薬品、化学工業薬品の製造販売
・燃料電池自動車用水素ステーションの構成、機器、システムの
 エンジニアリング
株式会社
神鋼環境ソリューション
兵庫県神戸市中央区脇浜町
1丁目4番78号
取締役社長
(代表取締役)
大濵 敬織
・ 水処理関連事業(装置/設備の設計・製造・施工・販売及び修理)
・ 廃棄物処理関連事業(設備の設計・製造・施工・販売及び修理)
・ 化学・食品機械関連事業(機器/装置の設計・製造・販売及び修理)
・ 技術開発関連(技術開発・環境分析)
日本シップヤード
株式会社
東京都千代田区有楽町
1丁目5番1号 
日比谷マリンビル1階
代表取締役社長     
前田 明徳
・ LNG船を除くすべての一般商船・海洋浮体構造物の設計、販売等

(注)本年5月上旬を目途に、東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 18Fに移転します。

【本件に関する問合せ先】
商船三井テクノトレード株式会社
新規ビジネス推進室 environment.s@motech.co.jp


出典;国土交通省ホームページ001378510.pdf (mlit.go.jp)

Share

Category

Archive