About商船三井テクノトレードについて

MOLグループネットワークを生かした
付加価値の提供

当社は世界最大規模の海運会社である商船三井(MOL)のグループ企業として、海上・陸上のあらゆるニーズに技術力と提案力でお応えする技術商社です。永年培われてきたノウハウと、グループネットワーク、さらに「チャレンジ」の精神により、お客様のニーズにお応えし、さらなる付加価値の提供をお約束します。

海上・陸上のあらゆるニーズに対応

商船三井グループの中核商事会社として、船舶用の燃料油・潤滑油の販売や各種機器、資材、部品、通信関連機材の販売は勿論のこと、陸上用の空調機器、各種プラントを対象とした産業用機器の販売や、中古コンテナの販売・レンタルなど取扱商品は多種にわたります。これら商品に私どもの付加価値を添えて、皆様のニーズにお応えして参ります。

世界中の船舶に採用される
PBCF(プロペラ・ボス・キャップ・フィンズ)

省エネ効果をもたらす事により、環境にも配慮された、当社の代表的な販売製品「PBCF」は、株式会社商船三井を中心とした企業グループが開発したプロペラ効率改善装置です。1987年に販売開始され、改良を加えながら、現在では3,400を越える世界中の船舶に採用されています。様々な省エネ製品が開発され続ける中、今もなお支持され続けているPBCFは信頼と実績の証と言えます。

グループ一丸となった
環境・安全への取り組み

商船三井グループでは「環境先進企業」として、環境負荷低減に向けた取り組みを一層強化しており、商船三井テクノトレードでは環境保全方針を定め、エコアクション21を認証取得しています。詳しくは環境保全方針の欄をご覧ください。

更に、安全に向けた取り組みでは、商船三井の「世界最高水準の安全運航」の実現をサポートし、陸上と海上が一体となって、4ゼロをはじめとする目標達成に取り組んでいます。