Interview 世界を相手に
常にグローバルな思考で働けます
フリートロジスティクス部 主任布原 健嗣

入社の経緯について教えてください

以前は全くの別業界で働いていました。その業界は国内市場がメインだったのですが、いつしか、世界市場を相手にした仕事をしていきたいと思うようになり、そのタイミングでこの会社の事を知りエントリーさせていただきました。 私は富山出身なのですが、小さい頃から船をよく見に行っていた事もあり、船に対するおもいが強く身近にも感じていました。世界への憧れにはそういった背景もあったのだと思います。

入社されてみていかがでしたか

やはりニッチな業界である事から、経験がものをいう仕事である事を痛感しました。
ただ、別業界出身という事も考慮してくださり、皆様から色々サポートしていただく事もありました。
いくつかの部署を経験させていただいて思うのは、“総合して船の事を学べる会社”という事ですね。

お仕事内容について教えてください

関西支店のフリートロジスティクス部に所属しています。仕事内容としては、外航船舶向けの運航に必要な機械部品や、船員の方々の日常生活にかかせない製品などあらゆるものを一括して手配し、納品までを行っています。船は365日稼働しており、その中で港に停泊するのは限られた時間なのですが、停泊時に合わせて納品作業を行うので、スケジュール管理も慎重に行う必要があります。また、停泊場所は国内に限らず、海外も含まれます。世界で稼働する船のスムーズな運航をサポートするという意味でやり甲斐を感じる仕事です。

この会社のアピールポイントは何ですか

海外を相手に仕事が出来る事が一番ですね。仕事自体は日本で行っていますが、相手は世界なので、常にグローバルな思考を求められます。また、メールや電話で海外の方とやり取りをするので、英語は必須と言えます。すぐに喋れる必要はありませんが、仕事の幅を拡げるためには努力は必要です。私も、入社後より英会話学校でのレッスンや自習で英会話を学び、今も継続しています。

これからの目標などあれば教えてください

国内でも海外相手の仕事は出来ているのですが、海外への憧れは今でもあるので、ゆくゆくは海外拠点で更に力を発揮したいと考えています。

求職者へのメッセージをお願いします

海事系出身で無くても、今は英語が話せなかったとしても、本人の意識次第で活躍出来るステージはいくらでも用意されています。皆さんと共に会社を成長させていける事を楽しみにしています。