Interview 社員のライフワークバランスを考え
女性としての働き方にも配慮してくれる
PBCF事業部 主任中津川 美帆

入社の経緯について教えてください

前職では仕事柄、人との関わりが多い方では無く、もっと密接に人と関わっていきたいという思いから、商社であるこの会社にエントリーさせていただきました。商社は人があってこそという事と、部署によりますが海外出張が多い事も私の中での決め手でした。

お仕事内容について教えてください

メイン商材の一つである「PBCF」を取り扱うPBCF事業部に所属しています。PBCFは1987年に開発され、今なお改良を加えながら世界中の船舶へ採用されている、いわゆる省エネ装置です。長い販売実績があり、世界各国の大手船主様にもご愛顧いただいている、船舶向け省エネ装置の定番商品であると言えます。

仕事のやり甲斐を感じるのはどんな時ですか

PBCFは省エネ装置ですので、効果の反響をいただく事が嬉しくもあり、一安心といった気持ちもあります。島国である日本は船が無くては成り立たないので、世界中の船舶を支えているところに、私含め皆がやり甲斐と誇りを持っていると思います。

社内の雰囲気はいかがですか

先輩方含め皆が積極的にサポートしてくださったり、質問しやすい関係を構築してもらえるので、それが社内全体の良い雰囲気にも繋がっていると感じます。一度、私の担当案件で発注ミスが起きた事があったのですが、私が出張中により対応出来ず、周りのスタッフでサポートしてくださった事がありました。

働き方についてはいかがですか

有給なども取りやすく、部署によって多少差はありますが残業もそこまで多くありません。社員のライフワークバランスを考えてくれているので、女性としての働き方にも配慮いただいていると思います。また、部署柄、海外含め出張が多いのですが、出張先でも上司の方が色々とお気遣いをくださったりもします。

これからの目標などあれば教えてください

これまでのPBCF事業部での経験を活かし、いつかは他の部署でも活躍が出来れば嬉しいです。もしこれから先出産するようなことがあったとしても、バランスを取りながら会社に必要とされるよう努力していきたいと思っています。

求職者へのメッセージをお願いします

この仕事は船にとって関わりがとても深く、また誇りも持てる仕事です。仕事を通じて様々な場所へ行ってみたいと思える方、世界中の船舶を支える仕事に向き合ってくださる方、そういった方々からのチャレンジをお待ちしています。