Interview 同じ仕事は1日として無い
刺激のある仕事
燃料部 内田 勘二

入社の経緯について教えてください

海事系大学入学前のオープンキャンパスに参加した際、船に乗せてもらった事がきっかけで、船に携わる仕事に就きたいという気持ちが芽生えました。広大な海に浮かぶ大きな船体と運航を支える乗組員の方々、どこを切り取っても格好良く、船から降りた後に見た、船と夕日が合わさった風景に心が奪われた事をよく覚えています。

入社後、苦労された事などありましたか

海事系大学では、簡単に言うと船の操縦に必要な各機器や、船に装備されている各部品の知識を中心に学んでいました。船の知識を学べた事はいいと思うのですが、入社して実際に求められる内容というのは現場で学ぶ事がとても多く、コミュケーション能力も含めて、一般の社会経験不足を痛感する事があり苦労しましたね。ただ、それも先輩方がサポートしてくださるおかげで、少しずつ現場にも慣れ、同時に不安も解消されていきました。

お仕事内容について教えてください

私が所属する燃料部では、燃料や潤滑油を各オイルメーカーから購入し、必要とする船舶へ届ける事が主な仕事です。燃料は船の血液とも言えますので、船の運航を支える上で非常に重要な役割を持っています。ただ届けるだけという訳ではなく、常に変動する天候の影響も考えながら、運行状況をしっかりと把握する事が大事になってきます。そういった意味では同じ仕事は1日として無いので、自分にとっても刺激がありますね。

社内の雰囲気はいかがですか

上司を含め、皆さんとても良くしてくださいます。
会社全体の雰囲気は特に気になる事はありませんが、これからの事を考えた場合にもっと若い人材が増えた方が良い気はしています。若手の力で会社の底上げが出来れば、更に活気が溢れる事になると思います。

働き方についてはいかがですか

私の部署柄かもしれないのですが、残業はそれ程多くありません。
何か気になる様な部分も無いので、仕事とオフを両立出来ています。

英語スキルの必要性についてはいかがですか

必要性は強く感じています。私自身も日頃から勉強を進めてはいるものの、まだ身につくところまでは出来ていません。

これからの目標などあれば教えてください

目標とは少し異なりますが、船を支える大切な立場にやり甲斐を感じていますので、これからも船を支えるポジションについていたいです。